よい子のための絶対銀域

例えるなら銀様の膕

【週刊しあたん】日記

おはようございます。週に一度の日記更新でございます。しあたんでございます。

f:id:hitoligokko:20200802211948p:plain

今回の要約

あまりハイカロリーな記事を週刊しあたんと称して連打するのは更新停滞の第一歩、と判断したため、あえてクソ日記を投稿したいと思います。実は滅茶苦茶面白いネタをたくさん思いついているのですが…仕方ありません、涙を流しながら内容の薄い日常の文字起こしを行うことにします。

 

回想開始

7/27(月)

特に筆記事項無し。というよりも覚えていない。たしか雨が降っていたと思う(新海誠作品のモノローグ)

7/28(火)

ポッ拳トライアルがスタート。ポケモンサークルのメンバーも含め、びっくりするくらい誰もやっておらず鬱病になる。支えてくれる彼女ちゃんに励ましてもらうも、彼女もポッ拳はしてくれない。

7/29(水)

誰もポッ拳をしてくれないのでヤケクソになってスプラトゥーンのパクリみたいなスマホゲームを始める。滅茶苦茶面白い(笑)のでいつか記事にします。あとけん玉で”ふりけん”が出来るようになった。世界チャンピオンへの道を着実に歩んでいます。

7/30(木)

ちょこちょこポッ拳オタクが増えてきて躁化。彼女とリモートで新作ライダー発表会鑑賞会を開く。久しぶりに彼女とちゃんと対面したせいか、爪とかつむじとかの細部ディティールがボヤけていた。

7/31(金)

フォロワーの呟きから『普通の人でいいのに!』なる漫画を知って読み、コプコプの実の能力者となる。「誰でもいいから付き合いて~!毎日セックス!w」みたいな奴から関係を構築してまともになって次世代を育み始めて、自分の人生を自分以外の色で彩っていく理由が少しだけ分かった。

8/1(土)

彼女とセックスを試みるも、僕は床オナでしか射精出来ないわ彼女の裸は見えないわでもう散々。色々と精神がオワっていたのでDWUの結婚相手募集ツイートに本気でワンチャンを賭けようか悩む。年収も仕事も”無”故に応募すら出来ず、諦める。

8/2(日)

木曜あたりから上手く眠れていないせいでめまいが酷い。とっととクソ(この記事のこと)をひねり出して眠ります。ぽやしみ~

 

2020/7/27~8/2

ポッ拳わくわく講習会 パワポ+文字起こし

皆さんこんにちは。”歩くポッ拳DX”、またの名をしあたんです。

現在、各社のニュース番組やネットメディアでも取り上げられているように、期間限定でポッ拳DXが無料公開されるようです。

公開は27日から。乗るしかないですよね、このビッグ・ウェーブに。ということで、この記事ではポッ拳をプレイするのは初めて!という貴女のためにポッ拳の基本を教えましょう。

ここから先は僕の所属していたオタクサークル「デジぽけ」の合宿内で行われた『ポッ拳わくわく講習会』のパワポコピペ+一部改変読み上げ原稿となります。講習会は「超・初心者向け」を銘打っていたため、省略や簡略化のオンパレードです。初級者以上の皆さんは脳を守るため、ブクマしてからブラウザバックしてください。

 

本題開始

f:id:hitoligokko:20200722204859p:plain

ポッ拳わくわく講習会、開始!

文句や告白は@hitoligokkoまでお願いします。

 

f:id:hitoligokko:20200722205024p:plain

わかりやすい!

 

f:id:hitoligokko:20200722205029p:plain

”対戦アクションゲーム”と聞くと『大乱闘スマッシュブラザーズ』のような2Dアクションか、『スプラトゥーン』のような3Dアクションが思い浮かぶと思います。それらに対し、ポッ拳はゲーム内で2Dと3Dを往復する、いわば†5Dアクション†です。どのタイミングで切り替わるのかは慣れてきたら調べましょう。最初は気にしなくてもレバガチャで十分楽しめます。

 

f:id:hitoligokko:20200722205034p:plain

バトルは3Dフィールドから開始します。気にしなくてもレバガチャで~とは言っても、ある程度思い通りキャラを操作できなければ面白い筈がありません。移動・攻撃・防御の3つくらいは覚えておきましょう。上のパワポは先ほどの説明で言う「3Dアクション」の際の操作です。

十字キー … 移動です。↑が前です。ポケモンによって移動速度は異なります。

Xボタン … ホーミング格闘、簡潔に表現すれば「殴り込み」です。勝手に敵の方向へ近づいていき、敵に触れると殴ります。

Yボタン … ポケモン毎に異なる何らかの遠距離攻撃をします。十字のどれかと一緒に押すと技が変わります。変わらない場合もあります。

Aボタン … ポケモン毎に異なる個性的な行動をします。攻撃ではなく自己強化をするポケモンもいます。これも十字と一緒に押せば技が変わります。色々押してみましょう。

Bボタン … ジャンプします。空中でXYAのどれかを押せば空中攻撃が出来ます。

Rボタン … ガードをします。ZRと間違えないようにしましょう。ガードにも耐久値があるので過信は禁物。

 

f:id:hitoligokko:20200722205040p:plain

3Dバトルでたくさん攻撃を当てるとフィールドが2Dになります。一般的な”格ゲー”の画面構成です。以下の操作が3Dから変わります。

十字キー … →が前になります。↓でしゃがみます。ただし、↑を押しても飛べません。

Xボタン … 殴ること自体に変わりはありませんが、勝手に突っ込まなくなります。十字のどれかと同時押しで技が変わります。

Yボタン … 遠距離射撃ではなく、近距離で殴る攻撃になります。十字同時押しで技が変わります。

他のボタンは変更なしです。覚えやすい!

 

f:id:hitoligokko:20200722205046p:plain

ここから少しずつ話が難しくなってきます。よく分からなかったらCPUと何回か戦って基本的なキャラ操作に慣れておきましょう。

実はポッ拳は「5Dアクション」ではなく「スタイリッシュじゃんけんアクション」です。攻撃力4000のグーを攻撃力100のパーに当て続けてもHPは削れません。通常攻撃⇒つかみ攻撃⇒ブロック攻撃⇒通常攻撃…のじゃんけんサイクルを理解するために、まずは一つずつ特徴を覚えていきましょう。

 

f:id:hitoligokko:20200722205052p:plain

「通常攻撃」について。操作説明の際にA/X/Yが攻撃ボタンだと言いましたが、このうちX/Yの全てとAの7割が「通常攻撃」です。レバガチャバトルでは基本的にこれの撃ち合いになります。

パワポのスクショを見てみましょう。ポッ拳ではじゃんけん処理の際にポケモンがオーラを纏います。普段の通常攻撃にオーラは付随していませんが、じゃんけん的に有利である「つかみ攻撃」とかち合った際はその身を紅く染め上げます。かっこいい!

 

f:id:hitoligokko:20200722205057p:plain

補足説明です、読み飛ばしましょう。

通常攻撃にはA/X/Yが割り当てられている、と説明しましたがその性質はボタンによって若干異なります。

Yボタン … 俗に言う”弱攻撃”、威力は弱いですが攻撃が当たるまでの速さが強みです。

Xボタン … 強攻撃。威力が強いですが攻撃が大振りの傾向があります。

Aボタン … 特殊攻撃。ポケモン毎に色々な攻撃を行います。本家『ポケモン』シリーズにおけるそのポケモンの代名詞的な技が多いです。例)ハッサムバレットパンチ

 

f:id:hitoligokko:20200722205103p:plain

「通常攻撃」がグーなら「ブロック攻撃」はパー。これをマスターするだけでレバガチャマンに95%勝てるようになります。

わかりやすい表現をするとチャージカウンター。XとAの同時押しで発動し、押し続けている間は敵の通常攻撃を無効化することが出来ます。ボタンを放すか一定時間経過で解除され、カウンターを放ちます。カウンターを放つ範囲はポケモンによって異なるので必ず確認しておきましょう。

纏うオーラの色は青。通常攻撃とは異なり、かち合わなくてもX+Aを押している間はずっと体が青く発光します。

 

f:id:hitoligokko:20200722205111p:plain

「ブロック攻撃」がパーなら「つかみ攻撃」はチョキ。”レバガチャ卒業マン”同士の戦いではつかみの上手いほうが勝ちます。

つかみ攻撃はYとBの同時押しで発動し、通常攻撃の効かないブロック攻撃と、ついでにガードも無効化してダメージを与えられます。ただし通常攻撃には勝てないどころか、かち合うと食らうダメージが増えてしまうので使いどころを見極めましょう。攻撃範囲も短いので必ず届く距離まで近づいて使いましょう。

纏うオーラの色は緑。ブロック攻撃同様、かち合わなくても撃てば必ず体が発光します。

 

f:id:hitoligokko:20200722205122p:plain

 基本は移動とじゃんけんさえ覚えていれば初心者バトルは理解できるのですが、せっかくなのでど派手な必殺技を使えるようになりましょう。HPバーの横のアバターアイコンを囲む虹色のゲージ、これがMAXまで貯まると、LとRの同時押しで†卍†共鳴バースト†卍†が発動可能になります。メガシンカ形態の存在するポケモンメガシンカし、存在しないポケモンは虹色のオーラを纏います。

共鳴バースト状態では一部の技が強化されたり弱い攻撃で怯まなくなったりするのですが、一番のオシャレポイントが†卍†バーストアタック†卍†。バースト状態でLとRを再度同時押しすることでいわゆる「必殺技」を放つことが出来ます。攻撃範囲やじゃんけん的属性はポケモンによって異なるのですが、基本的にはガード以外の全ての行動に勝つことができます。

 

f:id:hitoligokko:20200722205135p:plain

 終。

 そもそも初心者大会の前座としての講習会だったので内容はかなり簡易&初歩的です。ゲーム内のチュートリアルの方が詳しいくらいです。

ワチャワチャ・レバガチャ ・バトルの”その先”に進みたくなった場合はポッ拳Wikiだとか高ランカーの実況動画だとかで勉強してください。それぞれリンクを貼っておきます。

それではフェルム地方でお会いしましょう。サラバダー。

 

 

蛇足開始

ここから先はVer.1で「内容に対して説明が冗長すぎる」「偏見を押し付けるのはやめろ」「よくわからなかったです笑」などと大変不評だったプレイアブルポケモン個別紹介のコーナーです。

「性能でポケモンを選びたい」 と考えている人は参考程度に目を通しても良いかもしれません。順番はめちゃくちゃなので「○○(ポケモン名)ってどんなキャラなの?」が気になる人は革新的検索システムCtrl+Fでページ内検索をしてください。

好きなポケモンが既に存在している場合はそのポケモンで始めましょう。このゲームはポケモン毎に操作感がかなり違うので”慣れ”が重要です。

修正・追記の提案は随時募集中。

開始!

f:id:hitoligokko:20200722205140p:plain

ダークライ。専用の強化形態†ナイトメアシフト†を持つ。かっこいい演出が好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205146p:plain

バシャーモ自傷しながら蹴りと炎を連打する生粋のアタッカー。火力を押し付けるのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205152p:plain

ピカチュウ。基本から学びたい人にオススメ①。スピード寄りのベーシック。

 

f:id:hitoligokko:20200722205157p:plain

ルカリオ。基本から学びたい人にオススメ②。パワー寄りのベーシック。

 

f:id:hitoligokko:20200722205202p:plain

サーナイト。遠距離シューティングキャラ①。ポッ拳で一番性的なポケモン。色々な弾を使い分けてじわじわと嬲るのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205209p:plain

マスクド・ピカチュウポッ拳で一番えっちなポケモン。手数で押し切るのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205215p:plain

ハッサム。このゲームの主人公。イケメンやお金持ち等、人生の勝者にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205221p:plain

グレッグル。ランダムに効果が変わるおもしろポケモン。ギャンブルやガチャの好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205227p:plain

ジュカイン。時間差設置攻撃、遠距離掴み、カウンター等多種多様な技を持つテクニシャン。色々な選択肢を即興で組み合わせるのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204928p:plain

エンペルト。器用なオールラウンダー。ガンガン攻撃するよりも相手に合わせて対応するのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204934p:plain

ミュウツー。全体的にハイスペックだけど隙が大きい&共鳴ゲージが溜まりにくい。何もしても強いけど何も考えずに動かすと弱い。”格ゲーの基本”を突き詰めたい人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204940p:plain

シャンデラ。Aボタン技が全てブロック技を無効化して貫通する恐ろしいポケモン。グーとチョキしか出せない相手とのじゃんけんでグーを出し続けるのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204945p:plain

スイクン。近距離にも対応出来るシューティングキャラ②。明確な弱点の無い遠距離キャラを求める人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204951p:plain

マニューラポッ拳で唯一自発的に床オナが出来るポケモン。移動も攻撃もめっちゃ速い。鈍い相手を攪乱するのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204956p:plain

リザードン。少し離れた位置から火力を押し付けていく中距離パワーアタッカー。重い攻撃を振り回したい人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205003p:plain

ガブリアス。グー・チョキ・パーとは別に超グー・超チョキ・超パーを持つじゃんけんの申し子。読み合いに自信のある人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205008p:plain

ダークミュウツー。圧倒的な攻撃性能と最低クラスのHPを誇る自傷の申し子。共鳴バーストをたくさん使いたい人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205014p:plain

ギルガルド。このゲームのヒロイン。接近戦のブレードと射撃のシールドで操作が変わる。イケメンやお金持ち等、人生の勝者にオススメ。課金キャラ。

 

f:id:hitoligokko:20200722205019p:plain

カメックス。遠距離シューティングキャラ③。ポッ拳技のデパート。”弾”よりも”砲”、重い射撃が好きな人にオススメ。課金キャラ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204904p:plain

ゲンガー。トリッキーな動きと最強クラスの共鳴バーストを持つテクニカルポケモン。一発逆転が好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204921p:plain

テールナー。遠距離シューティングキャラ④。弾幕で封殺するタイプの射撃が得意。遠くからちくちくといじめるのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204915p:plain

カイリキー。高耐久&高火力&短射程のインファイター。実は小技も揃ってる。近距離で大技をぶっ放すのが好きな人にオススメ。

 

f:id:hitoligokko:20200722204910p:plain ジュナイパー。空中アクションを交えた立体的な戦法が得意。空中バトルしたい人にオススメ。

 

 終わり。

【週刊しあたん】FF外リプレビュー

こんにちは、しあたんです。この記事は全体的に”負の感情”に覆われているので新婚さんはブックマークを押してからブラウザバックしてください。

つい先日、唐突に2万近いふぁぼを喰らい、FF外から意味不明なリプライや滅茶苦茶馴れ馴れしい引用RTをわんさか貰いました。皆さん本当にありがとうございます。今回はそんな中から、FF外から来たリプライをピック・アップして一つ一つ丁寧にレビューしていきたいと思います。

評価基準は主に4つ。☆1~5で主観的に表現します。以下説明

必要性は僕に文言を見せる/僕のツイに貼り付ける行為に対する必要性です。ネタバレになりますが、基準としては「草」のみのリプが☆-10となります

独創性はその人だからこその独創的な反応をくれたかどうか。全員FF外である故にアイコンやプロフ文等からの属性推測も含まれます。ネタバレになりますが、基準としては「草」のみのリプが☆-10となります

面白さは単純に面白いかどうか。できる限り甘めの評価になるよう努力します。ネタバレになりますが、基準としては「草」のみのリプが☆-10となります。

不快度は通知欄やリプツリーに表示された/されている時の不快度。時間帯やタイミングに依存するため参考程度に参考にして下さい。不快度限定の例外として、他評価とは異なり「☆が多い=不快ではない」事を示します。ネタバレになりますが、基準としては「草」のみのリプが☆-10となります

最後に総評と称して、僕からの返事やら指摘やらを文字で載せます。Twitterで関わりたくないので

説明では☆1~5と言いましたが、ごく一部にマイナスの☆評価も存在しています。その場合の負の☆は★で表現しています。先ほど例に挙げた「必要性☆-10」であれば表記は「必要性:★★★★★★★★★★」となります。レアカードみたいで素敵ですね

また、評価は記事を書きながらリアタイで考えているので、例えば☆2と☆3の間に明白な優劣が存在している訳ではありません。瞬瞬必生!

 

 

☆本題開始☆

順番は通知に表示された順です

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:☆☆☆☆

面白さ:☆☆

不快度:★★★

総評:初見は正直フフッwってなった。独創性は高いけど存在価値は無い

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:★★★★★★★★★★

面白さ:★★★★★★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★

総評:垢消せ

 

必要性:☆

独創性:★★★

面白さ:★★★★

不快度:☆☆☆

総評:文章が読めている、+300SP(しあたんポイント)。役に立つわけでも面白いわけでもない、ひたすらに”無”

 

必要性:☆

独創性:☆

面白さ:★★★★★

不快度:☆☆

総評:”好意を伝える行為”自体を否定はしないけど、そのレベルのシンプル感想を感じた全員が送ったら僕の通知はどうなるのか考えてくれ

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:★★★★★★★★★★

面白さ:★★★★★★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★

総評:垢消せ

 

必要性:☆

独創性:★★★

面白さ:☆☆

不快度:☆

総評:”いつものしあたん”より伸びてんじゃねーぞ金魚のフンが。外山の匂わせオマージュなのかもしれないけれど、その手のウケの取り方はある程度文化を共有出来ている領域でやるべき

 

必要性:☆

独創性:☆

面白さ:★★★★

不快度:☆☆☆

総評:アイコンが可愛いので評価が甘め。悪意は無いのだろうけど、そのレベルのシンプル感想を以下略

 

必要性:★★★

独創性:★

面白さ:★★★★★

不快度:★★★

総評:何がどう最高なんだよ

 

必要性:☆☆☆

独創性:★★★

面白さ:★★★★

不快度:★★★★★

総評:”ある程度伸びたツイートに対して文盲オタクが意味不明な質問をしてくる”現象は確かに存在していて、それを未然に防ぐ役割を果たそうとしてくれているのだと思う。それはそれとして、このリプが通知に表示される度に”このレベルの注釈を自分のツイートが必要としている状態”にムカついたのでこの評価

 

必要性:★★★

独創性:★★★★

面白さ:★★★★★

不快度:☆

総評:そのレベルのシンプル感想を以下略

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:☆☆☆

面白さ:☆

不快度:★★★

総評:ネタなのか本気なのか知らんけど、どちらにせよリプで送らんでくれ

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:★★★

面白さ:☆

不快度:★★★★★★★★★★

総評:Twitter三大禁忌の一つ、”FF外からFF外へのリプにFF外からネタリプ”。それに加えて改行乱用による通知欄の圧迫や、????で情報を中途半端に隠すことで”更なるFF外リプ”を誘発する乞食を司る神(Mtgの新カード)

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:★★★★★★★★★★

面白さ:★★★★★★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★

総評:垢消せ

 

必要性:☆☆

独創性:★★★★★★★★★★

面白さ:★★★★★★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★

総評:乞食を司る神の崇拝者。ある程度伸びると”ネタを知らない人”にまでツイートが届くので説明を要求する人も増えてくる、そんな人にこの手の”説明するだけ”のツイートが必要なのは事実だけれども、送られる方からすればひたすら不快。このくらい自分で調べさせろ、@hitoligokkoの︎︎︎︎☑︎も外してくれ

 

必要性:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

独創性:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

面白さ:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

総評:神様が直々に崇拝者へ贈るありがたいお言葉。神は多くを語らないのだ。間違ったリプに対して訂正するならまだギリギリわかる、☆で言えば★★★★★くらいにはまだわかる。せめてリプを送る前に@hitoligokkoの☑を外してくれ

 

必要性:★★★★

独創性:☆☆

面白さ:★★★

不快度:★

総評:補のリプを送る際に@hitoligokkoの☑を外す程度のモラルはあるみたいなので甘めの評価。度重なるガイジ・リプライ・アタックに脳を破壊された今となっては”リプで送る必要ある?”以外のツッコミが思いつかない。たすけてください

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:★★★★★★★★★

面白さ:★★★★★★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★

総評:度重なるガイジ・リプライ・アタックに脳を破壊された今となっては「草」だけで終わらせていないところに文学性を感じてしまう。それはそれとして垢消せ

 

必要性:★★★★★

独創性:★★★★

面白さ:★★★★

不快度:★★★★★

総評:だからそう言ってるやんけ

 

必要性:★★★★★

独創性:☆☆☆

面白さ:★★★★

不快度:★★★★

総評:個人的に一番困るタイプのリプライ。なにその含みの持たせ方は…

 

必要性:★★★★★

独創性:☆☆☆☆

面白さ:★★★

不快度:★★★★

総評:言ってること自体には共感できる。(個人の意見です)ってところなんて特に。タイムラインに流れてきたらふぁぼくらいはしてたかもしれない

 

必要性:☆☆☆

独創性:☆

面白さ:★★★★★

不快度:★★★

総評:Twitterで日常的に政治ツイートをしている人の約70%が百分率を理解出来ていない、というのは有志のフィールドワークによって裏付けされている事実で、発言が政治界隈で拡散されているのであればこの手の解説も必要になってくる。ただし「60%のうち50%」という僕の表現は30:30と50:10で二通りの解釈が可能。補足説明をするにしてもそれは発言者自身の役目であって、FF外オタクの仕事じゃないと思うわよ

 

必要性:★★★★★

独創性:★★★★

面白さ:★★★★★

不快度:★★★★★

総評:Twitter三大禁忌の一つ、”内容被りのクソリプ”。しかも草使い。先駆者には僅かに道徳心を感じられたこともあってか、これは心象がめちゃくちゃ悪い

 

必要性:★★★★★

独創性:☆

面白さ:★★★★★

不快度:☆☆☆

総評:「いいね」って知ってる?「すき」よりも文字数が多いのに、「すき」よりも通知欄を圧迫しないんだって

 

必要性:★★★★★

独創性:★★★★★

面白さ:★★★★★

不快度:★★★★★

総評:Twitter三大禁忌の一つ、”内容被りのクソリプ”。匂わせオマージュはある程度文化を以下略

 

 

必要性:?

独創性:?

面白さ:?

不快度:?

総評:本当に意味がわからなかった。記事の前置きで今回のリプ達を”意味不明なリプライ”と総括したのだけれど、このリプに限っては意図も内容も全くの謎。文末のwからしておそらくネタか感想の類だとは思うけど「後藤輝樹withユリコ」部分の読解が僕には出来ない。コメント欄にて皆さんの解釈を募集しています。

 

必要性:★★★★★★★★★★

独創性:★★★★★★★★★

面白さ:★★★★★★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★

総評:垢消せ

 

必要性:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

独創性:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

面白さ:☆☆☆☆☆

不快度:☆☆☆☆☆

総評:”アスペ”の蔑称が形骸化しつつあるネット社会に警笛を鳴らす者(Mtgの新カード)。※日本人よ*心強くなれ‼️※

 

必要性:★★

独創性:☆☆☆☆

面白さ:☆☆

不快度:☆☆

総評:そこまで嫌いじゃない。ちゃんと文章を読んだ上での反応だし、微弱なユーモアも含ませてある。自我を保ったまま狂っていく。だれかたすけてください

 

必要性:★★★★

独創性:☆☆☆

面白さ:☆☆

不快度:★★★

総評:Twitter三大禁忌の一つ、”FF外からFF外へのリプにFF外からネタリプ”。怪獣映画みたいな語感は割と好きだけど、この手のネタの面白さは口語での発音に依存しているのでTwitterには向いてないと思う。あと︎︎︎︎hitoligokkoの☑︎外してくれ

 

必要性:★★★★★

独創性:★★

面白さ:★★★★★

不快度:★★★★★★★★★★

総評:僕の嫌いな人間ランキング第三位、何かしらのモラルや不文律を前提にしたネタツイに対してそのモラルや不文律をリプで送ってくる奴。”後藤に入れたとかいうと、村八分にあいそう”が前提にあるからこそ”調査では恥ずかしくて”と言っているのですがッ

 

必要性:★★★★★

独創性:☆

面白さ:★★★★★

不快度:★★★★★

総評:これがもし「後藤輝樹ふざけすぎだろ!」みたいなツイートに対するリプなら良いと思う。まずは”はらぺこあおむし”あたりの絵本から読んでみるのがおすすめです

 

必要性:★★★★★

独創性:☆☆☆

面白さ:★★★★★

不快度:☆☆☆☆

総評:ごめんなさい…

 

 

f:id:hitoligokko:20200707150933p:plain

サムネ用

想像以上に長くなってしまったので引用RTレビューはまた後日にします。みんなで楽しくツイッター・ライフ!

 

2020/6/29〜7/5

強姦社 選外者エッセイ2021

※この記事は架空の出版社の採用選考と、そこに挑む架空の就職活動家をテーマにしたパーフェクト・フィクション・ストーリーです。作中の一人称である“僕”は筆者のしあたんとは一切関係がありませんし、“強姦社”も実在する出版社ではありません。実際に存在する企業と絶対に被らないようにインモラルな会社名を考えただけで、”強姦社”のネーミングに深い意味はありません。

 

 

強姦社 選外者エッセイ2021『無職の世紀』

 

☆目次☆

第一章 就活の幕開け〜企業は新卒を捉え終えていた〜

第二章 エントリーシートの完成~ツイのオタクは凄まじい項目の出現を見た~

第三章 それはWebテストから始まった~噴き出したコロナは選考日程と試験形体を動かした~

第四章 Web面接に地獄を見た~ガバWiFi、オタ部屋、それとゼミ発表~

第五章 恐怖の中の平和~東京のオタクは全てを背負って面接官と対峙した~

第六章 無職の悲劇果てしなく~絶え間ない躁鬱、さまよう自我の慟哭があった~

おまけ HITOLIGOKKO~僕が見たES・筆記・面接~

 

※「おまけ」では未来の就活生に向けたアドバイスや反省点などをまとめています。強姦社はフィクション企業のため、直接役に立つことは無いはずですが、出版業界を志すのであれば参考程度に読んでみてください。

 

 

第一章 就活の幕開け〜企業は新卒を捉え終えていた〜

そもそも院進をするつもりだったので、就活の情報に初めて触れたのはたしか4月の初めの頃。僕はなんだかんだで絵やら文やらの創作が好きだったので、「就職するなら出版社じゃなきゃヤダ~~」と駄々をこねながら出版社の採用情報を調べ始めた。
※ここで豆知識なのですが、どうやら出版社は全体的に採用選考の時期が早いらしく、「2月に募集〆切→4月に内定」みたいなモラルブレイク・選考フローを平気で通してきます。多少なりとも出版に興味があるのであれば3年の1月頃から選考情報を調べておくのがオススメです。偉そうに講釈たれたけどもしかしたら周知の事実なのかもしれん…。
出版に限った話ではないが、多くの企業が採用ホームページのエントリーから選考を開始する。僕も知っている限りの出版社名で検索をかけ、出てきた登録フォームに意気揚々と個人情報を打ち込んでいった。しかし、社会は不適合者に甘くない。早速ここで第一の“壁”に道を塞がれた。そう、“出版社は選考が早い”のだ。
マイページに登録し、ログインすると表示される「2021年度新卒採用募集は終了致しましたw遅漏乙www」のテキスト。僕が最終的にエントリーした(出来た)のは2社だけだが、この段階で実質10社近くに“お断り”されていた事になる。
就活は情報戦だとよく揶揄される。だがその戦いに参加するために“速さ”が必要な事実はあまり周知されていない。※もしかしたら周知の事実なのかもしれん…。一体いつ火蓋が切って落とされていたのか、今となっては分からない。しかし事実として、僕が戦場に赴いた時点で既に、“企業は新卒を捉え終えていた”のである。

だが運命は常に“主人公”の道を切り開いてくれるもの。業界最大手と言っても過言ではない強姦社は、何とも都合の良いことに、今年度の採用から選考を前半と後半の二回に分けて実施していた。そして、後半の選考の締切は僕が採用ウェブサイトにアクセスした日の二日後。二日しかないとはいえ、まだ募集を受け付けている…。歯車の動き出す音が聞こえた僕は早速エントリーシートの入力へと進むのだった───。


第二章 エントリーシートの完成~ツイのオタクは凄まじい項目の出現を見た~

進むのだった───とは言ったものの、二日“も”余裕がある状態で社会不適合者の僕がそんなすぐに動けるわけが無い。実際に入力画面を開いたのは〆切当日の朝9時。〆切時刻は12時ちょうどだから3時間も入力に集中できるってワケ。映画がまるまる一本見れちゃうワヨ。

さて、出版業界のエントリーシートは文量が多いことで有名らしいが、幸いなことに強姦社のシートは紙換算でA4×4枚程度しか無かった。※“しか無かった”とは言ったものの、比較対象にすべき他企業のESを知らないので実は多いのかもしれません、よく分からん。日頃からTwitterで大長編純文学を紡いでいる僕からすれば造作もない量だ。来年以降の活動家さんが有益な情報を求めてこのブログにたどり着くかも知れないので、項目詳細にも少し触れつつ振り返っていく。

住所や学歴、志望理由等の基本的なプロフィールを入力した後に現れるのが「好きな○○とその理由」のコーナー。出版社なので「小説/漫画」は勿論、アニメや映画についても尋ねられる。強姦社の商品を一つも書かずに通ったので、ここで無理に媚びる必要はないと思う。その後も「嬉しかった経験は?」や「自分の人生を物語れ!」のような割と答えやすい&文量調節の容易な項目ばかりが並ぶ。特に何も意識せず、ちょっと長めのツイートをする気分で書けば簡単に書き終えられる。これでどうやって例年4割近くを落としている“選別”を行っているのか逆に怖いくらい。

お得情報コーナー終わり。想像以上に書きやすい入力項目達、加速していくキーボードを叩く音…すっかり調子に乗った僕の前に、次なる”壁”がその姿を現す。何故か途中から印刷して手書きする事を強いられたエントリーシート。その最後の項目は

あなたがあなたらしく写っている写真を貼り、それにセリフを付けてください

…?

陽キャの必須思考である”写真に自分を写すこと”を前提としたパリピ項目に(やっぱES送るのやめるか…)と思ったものの、ここまで書いてしまった後では勿体無くて流石に気が引ける、やり方が狡いぞ強姦社。だが、“自分の写った写真”などというシャイニング・アイテムを僕は一枚も持っていないこともまた事実。印刷したシートをスキャンして送信する都合上、スマホで撮ってその辺のお店でプリント…なんてしていては〆切に間に合わない。当日まで項目の確認すらしていなかったオタクが許せねえ…ッ。

曲がりなりにも出版社志願の活動家である僕に“〆切を破る”事は許されない、〆切ブレイクはこの業界で働く者が最も忌むべきタブーである。苦し紛れに僕が思いついたのが、「最近撮った川の写真」と「この写真には撮影をしている僕の感性が何よりも僕らしく写りこんでいるのです(意訳)」という、官僚もびっくりの屁理屈長文説明セリフだった。

〆切が迫ったオタクの脳はアルコールを生成し始める。焦燥に酔っ払ってマジでハイになった僕は「ちょw天才すぐるwww内定に感謝w般若w」と唱えながらエントリーシートをプリンターに読み込ませた。

神は時に主人公に試練を与える。僕の家に設置されたWiFiルーターちゃんは女の子故に不安定で、たまに一切繋がらなくなる。僕が“女の子タイム”と呼ぶこのトラブルイベントはこの日、不幸にもpdf化の用意が整った11:45頃に訪れた。

スキャンしたデータが無線で送れず、慌ててSDカードやらmicroSDやらを掘り出して接続を試みるオタク。乱心のあまりpdfを求めてpngフォルダを漁る等してひたすら時間を浪費し、片目から涙を流しながらファイルを添付。ちなみにこの時点で時刻は12:02。これもうダメだ…さよなら強姦社…と呻きながら、更新せずに放置していたページに一応送信してみたら、なんか送れた。本当に受理されたのか、やっぱりダメだったのか。よく分からなかった僕は、考結果発表の日までまるで逃げるように無人島生活に没頭した。

受理orダメ、結果はすっかり忘れた頃に届いたメールで理解する事になった。

エントリーシート選考結果のご確認をお願いします」

※ちなみに強姦社のここがクソ!ポイントとしてメールで選考結果の通知を送ってくるくせにメール本文に合否は載せない、といういやらしい回りくどさが挙げられる。流石レイプの名を冠した反社企業、人の心を弄ぶのがこれ以上なく楽しいのだろう。強姦社は架空の企業です。

正直なところ、受け取らせたからには選考をすり抜ける自信があったので、僕はドヤ顔で選考結果ページを開いた。通っていた。〆切ブレイク最高だぜ。

 

 

第三章 それはWebテストから始まった~噴き出したコロナが選考日程と試験形体を動かした~

 

4月も半ばになると、既に世間はコロナに支配され始めていた。そのため、例年であればどこかの講堂か何かを借りて行われていた筆記試験が、今年はWebサイト上で実施された。例年なら出題されていたであろう”意味わからんくらいニッチな知識を問われる常識問題”が実質廃止されたのである。

科目は「論理」「計算」「英語」「三題作文」の4つ。正直語ることがないし、よく覚えてもいない。そもそもこのシステムは今年度だけの特例処置だろうから、試験情報をリークしたところで来年以降に役立つか保証できない!終わり!…と言いたいところだけど、今の僕は不特定多数に記憶を吐き出したい気分。簡単に説明しよう。

「論理」はいろんなカテゴリの短文を読んでから「そうです」「違います」「判断不能」の三択で質問に答える問題。このブログの記事をスラスラ読めるレベルの読解力があれば余裕、読めなくても余裕。

「計算」は経理っぽい(曖昧)資料を見て指定された数値を計算する問題。乗除と百分率が分かっていれば後は時間との戦い。

「英語」は僕自身分かっていないせいで何を聞かれているのかも分からなかった。2~3問当て勘で答えてから放置したけど通過できたからあんま重視されてないのかもしれん。

「三題作文」は繋がりの薄そうな3つの単語を提示されて、それをうまい具合に組み込んで文章を作るゲーム。これは普通にめっちゃ面白い。後で調べたら文の軸を予め考えておいてテーマをねじ込むのがお手軽戦術らしいけど、テーマを踏まえて0から考えたほうが早いし楽だと思う。

英語以外は100点換算で80は越えてる筈だと思ってたが、何より英語があまりにも更地だったのでドキドキしながら結果を待つオタク。正直落ちたと思ったけどなんか通ってた。出版業界ということもあって論理と作文の比重が重いのかもしれん。

 

 

第四章 Web面接に地獄を見たオタ部屋、ガバWiFi、それとゼミ発表~

 

Web試験を通過できた僕は、もはや既に院進の選択肢を忘れていた。本来であれば5月から院試に向けて英語の勉強を始めるはずだった僕は、前回のWebテストで英語が散々だったのにも関わらず通過できたこともあってか、一切大学院の情報を仕入れないまま部屋の掃除を始める。相変わらずアバれていたコロナの影響で一次面接はWeb上で実施されることになった。※ちなみに強姦社は四次面接まで存在している設定。

Web面接をするにあたり、僕の警戒ポイントは3つ。

1つ目がオタ部屋。僕はオタクではないのだが、自室の壁一面に”オタクっぽいフィギュア”や”オタクっぽい本”がずらりと並んでいる。個性や自由を強調/尊重する強姦社の面接においてそれらは問題にならないのでは?と思う活動家もいるだろう。もちろん、”オタクっぽいモノ”で面接の約20分を語り尽くせる”ホンモノのオタク”であれば問題はない。何度も言うが僕はオタクではない、部屋を彩る数多のコンテンツに対して「何故好きなのか」を言語化出来る自信は無かった。

迫り来る二択。部屋を片付けるか、自己分析をするか。選ばれたのは、”前日の自分に任せる”でした。というか、ゼミの研究報告がちょうど面接の前日だったので正直対策なんかしてる暇がなかった。

2つ目の懸念は、ES送信の際にも触れたガバWiFi。先述したが、僕の家の通信環境には”女の子の日”が存在する。一瞬だけでも繋がればどうにかなるES送信とは異なり、Web面接は始めから終わりまで繋がり続けていなければならない。ものすごく当然の事だが、この”当然”は我が家では通用しないのだ。…が、正直一週間やそこらでどうにかなるとは思わなかったのでこれは放置。研究報告の資料作りに追われていたので、業者にコンタクトを取るのが面倒くさかったという解釈も出来る。キミはどの説を応援する?

3つ目がゼミの研究発表。面接の前日の夕方に行われることになっていた。えぐいて。

しかし、面接が良い緊張になったのか、これはかなり良い発表になった(と思う)。発表がどれだけ上手く終えられたところで職にはならないのだが。

発表も無事終わり、ついに迎えた面接当日。時間は事前に選べたので、最後から二つ目の枠に申し込んだ。たしか16時とかその辺だった。申し訳程度に強姦社のホームページを閲覧し、そこに載っていた雑誌を何冊かKindleで購入し読んでみるも、当然よくわからない。連載マンガはキャラもストーリーも全く知らないし、単発企画も1つだけ読んだところで分析のしようがない。僕は諦めてスプラトゥーンをすることにした。

頭の中でリッター4kの射線を避けながら始まった一次面接。せっかくなので覚えている限りのルポルタージュ。いや、フィクションなんですけどもね笑

面接官は二人、若いあんちゃん(以下、若)と典型的文化人って感じのおじさん(以下、老)。

若、老「よろしくお願いします」

僕「あっお願いします」

若「まずは志望動機を言ってもらっていいかな?」

僕「प्रज्ञापारमिताहृदय」

若「緊張してる?」

僕「していまスゥ」

老「好きな本は?ESのとは違うやつ教えてよ」

僕「ろ、六枚のヒレカツ(強姦社/2020)です…理由言ったほうがいいですか?」

老「そりゃまあ、言って欲しいよね」

~記憶喪失~

 

~記憶回復~

若「デジタル編集志望みたいだけど、ファッション雑誌の営業に配属されたらどうですか?嫌?」

僕「嫌ですね…」

若「そう…」

僕「あ、でも………いや、やっぱ嫌です…」

老「…もう時間なんだけど、最後に言いたいことある?」

僕「エェ、ワタクシが御社に入社した暁には…暁には………あの、もう一度最初からやっていいですか?」

若「ごめんね、次もあるから。じゃあ、ありがとう」

老「退室してください」

僕「んにゃぴ」

ーーーーー終了ーーーーー

選外を確信した僕はその後逃げるようにスプラトゥーンをプレイし、ウデマエを2段階下げることになる。

ちなみに、何故かこの面接は通過していた。強姦社は珍しいことに選考過程での通過率をホームページで公開しているのだが、それによると一次面接の通過率は約40%。僕より酷いのがたまたま多かっただけかもしれないが、この原因不明の通過が僕を調子にライドさせてしまう。

 

 

第五章 恐怖の中の平和~東京のオタクは全てを背負って面接官と対峙した~

 

一次面接通過の告知を受けた僕は、当初の人生目的である院進を忘れ、強姦社の選考対策を始める。二次面接まで残された時間は5日。現実的に過去の出版物を網羅するのは不可能(ちなみにコロナの影響で国会図書館は臨時閉館していた)なので、貯金を崩し本屋店頭の強姦社製雑誌を全部買ったり、Kindleに1日あたり5桁↑のお金をぶち込んだりした。強姦社はパンパンTVというYouTuberを運営しているので、涙を流しながらその動画も視聴した。

面接の前日には各コンテンツの強みやら弱みやらを考察してまとめ、「出版 面接 質問」の検索で出てきた質問に対して解答を用意し、フォロワーにイタ電して滑舌をできる限り強化した。ダメそうになったらちんちんを露出してTwitterとブログで笑い話にしよう、とあらかじめ逃げ道も確保した。

二次面接当日。落ちようが受かろうがブログで何かしら書くつもりだったので面接会場の入口やら最寄駅やらの写真を撮るつもりだったが、完全に調子ライダーと化していた僕は(ま、最終面接の時でええなw)と考え全てをスルー。強姦社の面接は所謂「あなたを表現出来る服装でお越し下さい」方式だったため私服で出向いたのだが、実際のところスーツと私服の割合は7:3くらいだった。スーツ勢を脳内でしょーもなwと煽りながら待機室で待つこと10分、名前を呼ばれた僕はこれ以上ないくらいのドヤ顔で”1番ブース”へ歩いていく。もうなんか、全方向から追い風が吹いているような感覚だった。※ちなみに待機室では案内役の社員さんが「就活あるある」みたいな雑談を振ってくれたが、まともに就活をしていないが故に何一つ分からなかったので瞑想するオタクのモノマネをしていた。

二次の面接官は3人。一次のあんちゃんとおじさんの中間くらいの3人だった。以下A,B,C。

僕「初めまして、よろしくお願いしますね(饒舌)」

A「よろしくお願いします」

B「では、まずは志望動機を教えてください」

僕「はい、クッキー☆というネット上のコンテンツをご存知でしょうか?」

B「東方のやつ?」

僕「え、はい…」

B「あぁ、一応知ってはいるよ」

僕「घास」

~記憶喪失~

 ※何が起きたのかわからない読者も少なくはないと思うので、補足説明をしましょう、僕は”面接官がクッキー☆を知らない前提”で喋るセリフを組んでいました。なのであっさり「知ってる」と返されると”アドリブでセリフを変更”する必要があり、それは僕がコミュニケーションにおいて最も苦手としている領域なのです。建設したビルの一階が崩れてしまったわけですね。

~記憶回復~

A「うーん、なんかこう、準備してきたって感じだね」

僕「ァ」

C「仕事する時はひとりが好き?みんなでやるのが好き?」

僕「ひ、ひとり…でもみんなも好き…(留学生みたいなイントネーション)」

C「うん、それが一番だね(保育園の先生みたいな視線)」

B「ESに書いたやつ以外でパンパンTV(強姦社運営のYouTuber)の視聴者を増やす企画考えてみてよ」

僕「ちんちんを…出すと面白いかなと(半笑い)」

B「YouTubeじゃ難しいね」

C「もう時間だから最後に何かこれだけは言っておきたい、ってことあればどうぞ」

僕「(暗記した最後の一言を念仏のように唱える)」

ABC「ありがとうございました」

僕「ありがとうございました」

ーーーーー終了ーーーーー

面接会場を出た僕は何故か自信に満ち溢れていた。よく考えるとお終いフラグの乱立したお通夜面接だったのだが、メンタルの防衛本能なのか、終了直後は完全に通過を確信していた。

ここでミニトーク。強姦社本社のすぐ傍には大きなお寺がある。僕はそのお寺の境内にある「一言地蔵」に願掛けをした。一言地蔵はその名のとおり一言だけ願いを聞いてくれるというお地蔵様だ。僕はお地蔵様に「どうか僕を強姦社に入れてください」と願った。二次面接時点で社内に入っているわけだから願いは”既に叶っていた”ことになる。一言地蔵のチカラはホンモノなので、近くを訪れた際には是非お祈りしてみてはいかがだろうか、就活だけにw※繰り返しますが、このブログはフィクションのため、ここで言及した「一言地蔵」は各地に実在するお地蔵様方とは何ら関係ありません。

採用結果が届いたのは一次と同じく3日後。結果は落選だった。

 

 

第六章 無職の悲劇果てしなく~絶え間ない躁鬱、さまよう自我の慟哭があった~

 

秒で落ちた1社を除き、強姦社以外の企業にはエントリーすらしていなかったので落選の瞬間、僕は無職が確定した。結構凹んだ。Twitterにちんちんを晒すか本気で悩んだレベルにはこころが壊れていた。

それはそれとして、次の日には躁フォルムにチェンジしていた。僕は元々、自他共に認める「編集より作家に向いている人間」だ、強姦社に就職出来なかったからといって何も悔いることはない。そもそも僕の場合、仕事をする根源的な理由は金だから…と、ここで僕は強姦社員の収入を調べていなかったことに気がつく。「今のご時世年収400万あれば十分勝ち組」と風の噂で聞いていたので、高くても500万くらいかな~と思いながら調べると、そこに表示されたのは驚きの4桁万円。信憑性には疑問が残るし、初年度から貰える額ではないのだろうが、なまじ最初の逃げ道に「収入」を使ってしまったが故に僕は秒で鬱フォルムに戻されてしまった。その後も使う逃げ道すべてを強姦社の圧倒的なパワーに潰されて躁鬱サイクルを繰り返した。家の洗濯機よりは回っていた自信がある。この段落の支離滅裂さで色々と察して欲しい。

時は経ち、精神の安定してきた頃。僕は書き始めていた内定者エッセイのtxtファイルを削除し、インターネットの片隅で選外者エッセイを書き始めるのだった────。

 

 

おまけ HITOLIGOKKO~僕が見たES・筆記・面接~

 

・ ESについて

本編でも触れたように、ESはおそらくマニュアルを読まないほうが良いと思います。”出版を受けたことのないOBOG”に校閲してもらうのも避けたほうが良いかもしれません。何よりも大切なのは多分”自分の言葉で書く”こと。あ、”奇をてらう”と間違えないようにしましょう。ちなみに僕がESを送ったのは強姦社含めても2社だけなので盲信は厳禁。

 

・筆記について

今年が特別だったのもありますが、もし来年以降も同様のテストなのであれば大切なのはおそらく作文。普段から文章を書いて慣れておきましょう。辞書なんかを使って言葉をランダムに3つ生成すれば練習も出来ます。あとはどうしようもないとき用に融通の効くテンプレを用意しておくと良いと思います、出来るだけ個性的なやつで。

過去問を見る限り本来は雑多なカテゴリから出題される時事クイズみたいな傾向らしいので「みんはや」をやったりヤフーニュースに張り付いたりしておくのもオススメです。

 

・面接について

セリフの用意は浅く広くに留めておきましょう。僕のように狭く深い準備をすると、その範囲が少しズレた時に焦ってTHE ENDです。強姦社は幅広いコンテンツを扱う総合出版で、二次までの面接官はそこで働く現役の社員です。予想以上にモノゴトを知っていますし、予想以上にモノゴトを知りません。例えば、僕が二次面接で出会った面接官のB氏は「クッキー☆」を知っていたものの「ガクチカ」という言葉を知らなかったみたいです。※面接の過程で面接官が”わざと知らないフリをする”こともあると思う。どのタイミングで「それ何?」や「知ってるよ」が飛んでくるかわからない以上、セリフはコンボ始動だけ考えておいてあとは臨機応変に頑張るのが一番だと思います。僕が一次を突破したように、多少支離滅裂でも受かるときは受かるので。

 

 

終わりです(ダブルミーニング

最後に、一言地蔵のあるお寺のイメージ画像を置いておきます。

f:id:hitoligokko:20200621222334p:plain

 

ちなみに強姦社の定期採用は新卒だけに限らず、大学卒業から5年ほどの間は採用募集の対象という設定です。 どうしても強姦社がいい!他企業に就職するくらいなら無職でいい!という方は、年齢的に対象外になるまで受け続けてみるのも良いのではないでしょうか。もしかしたら、何処かの会場でお会いするかもしれませんね。

トイプードルでもわかる麻雀講座~初級編~

ワン!(こんばんは、しあたんです)

最近、ツイのオタクの間では「雀魂」なる中国製ぱいろんみたいなゲームが流行っているみたいですね。(ワンワン!)

”トレンドの擬人化”、”流行語大賞の元ネタ”、”ブームに意思が芽生えた”、”お前が検事長やれ”等と呼ばれるワタクシです、当然インストールし、何戦かプレイしてみました。いかにもスキルとかステータスとかありそうな見た目の割に無難に麻雀していて、普通に楽しかったです^o^

 

さて、飽きっぽいトイプードル(2/1/3)は飽きっぽいため、さっさと本題に入ります。

f:id:hitoligokko:20200526154254p:plain

So cute.

この記事は(雀魂ブームに乗っかって麻雀を始めてみたけど牌の種類からもうよくわからないワン…)というトイプーのための指南記事です。貴犬が平和の成立条件を覚えているレベルの”初心者”であれば不要なストレスを溜めない為にも今すぐブラウザバックしましょう。ここはもうそういう次元の場所ではありません。

平和と聞いてほわほわとPEACEな気分になったビギナートイプーの皆さんはお気に入りのフードをお手元に用意の上、ここから先を読み進めていきましょう。

 

目次

1.基本ルールを抑えよう!

・部屋について

・牌の種類

・なにしたら勝ち?

・自分のターンでやること

2.よく使う役を覚えよう!

・基本的な形

・リーチ

・役牌とポンについて

タンヤオとチーについて

3.効率的に手を進めよう!

・配牌時点で未来を視よう

・牌譜で未来視練習

・やらないほうがいいこと

4.まとめ

 

 

 

1.基本ルールを抑えよう!

・部屋について

それではまずは基本的なルールから。

多くのオタクやトイプーが雀魂で麻雀デビューをしているでしょうから、ここからは雀魂のUIを前提に話を進めていきます。

ひとくちに麻雀といってもそのルールは複雑怪奇。日本国内だけでもルールの数は五十億に及ぶとされています。

そんな中、雀魂では「四麻」と「三麻」という二種類のルールが実装されています。

いざゲームを起動してみると、この二つのルールに加えてそれぞれの語尾に「東」やら「南」やらむずかしい漢字がくっついていますね。一体どういうことでしょう?

初心者トイプーの貴犬のために、ここではごく簡単な語彙で説明をしましょう。

「四人東//南」は四人でプレイするルールで、存在する牌の全てが使用されるベーシックなルールです。対して「三人東/南」は三人でプレイするルール。後述する特定の種類の牌があらかじめ取り除かれた状態でゲームを進行します。四麻で覚えたことは基本的に三麻でも通用するため、初めのうちは「四人東//南」がオススメです。

「東」と「南」ではゲーム時間に単純計算で2倍の差があります。トイプーの脳みそでは疲れてしまうと思うので、初めのうちは比較的拘束時間の短い「東」がオススメです。

つまりトイプーの押すべきボタンは「ホーム画面⇒段位戦⇒銅の間⇒四人東」ということになりますね。

 

☆おやつタイム☆

(休憩の時間です。お手元のフードを少しつまみましょう)

 

・牌の種類

さて、四麻東風の対戦が始まります。

…と言いたいところですがちょっと待ってください。役はおろか牌の種類すらよくわかっていないトイプーではいくら初心者用ルームといっても勝負になりません。麻雀卓において可愛いは正義では無いのです。無知なビギナーが紛れ込んだ事に気づいた性悪なオタク達は、まさか画面の向こうに可愛いトイプーがいるなど考えもせず、バカスカ点を稼いで貴犬をカモにしてくるでしょう(イヌなのにねw)

f:id:hitoligokko:20200526165243p:plain

カモにされている可哀想なトイプードルの図

わからん殺しで萎えて引退してしまうのは勿体ないです。まずは牌の種類から覚えましょう。

牌はまず二つに分けられます。「数字の牌」と「数字じゃない牌」です。

そしてさらに、前者は三つ、後者は二つに分類することが出来ます。

まずは数字の牌から。

f:id:hitoligokko:20200526155921p:plain

ピンズが青い丸の描かれた牌。1から9までが各4つずつ存在し、①や⑨のように○数字で表現したり、(1)や(2)のように表現したりします。1pや9pみたいにpで表記する人もいます。
マンズが漢数字の描かれた牌。ピンズ同様1~9が×4です。一や二のように漢数字で表現します。1mや9mとも表せます。三人ルールではこの種類の牌が1と9以外除外されます。

ソウズが竹の描かれた牌。ピンズマンズと同じラインナップです。ソウズの1だけは竹ではなくブロッコリーの生えた鳥のイラスト。温暖化による環境破壊のメタファーだと言われています。普通に12で表現されることが多いです。個人的にはⅠⅡが好きです。1s2sとも表されます。

次はもはや数字ではない牌たち。

f:id:hitoligokko:20200526162856p:plain

方角の書かれた牌と方角以外の漢字が書かれた牌の二種類に分けられます。

方角達は風牌、残りの三人組はと呼ばれます。まとめて「字牌」と呼ばれることの方が多いです。

数字の牌は123や567のように連番でまとめられるのに対し、文字牌たちに順序は無いため東東東や中中のように同じものを集めなくてはいけません(この辺のまとめ方については後述するので流し読みしましょう)。

 

・なにしたら勝ち?

なにしたら勝ち?ゲームセット時or誰かが脱落した瞬間に一番点数を稼いでいた人の勝ちです。

麻雀では毎ターン「一番最初に牌を綺麗な見た目に揃えた人」に得点が入ります。そしてその”綺麗な見た目”が難しければ難しいほどもらえる点数は高くなります。

せっかくですのでターンの概念もここで説明します。

少し複雑な話になるので、まずはおやつを食べましょう。

 

☆おやつタイム☆

(休憩の時間です。お手元のフードを少しつまみましょう)

 

f:id:hitoligokko:20200526200836p:plain

ADHDが作りましたwみたいな上の画像を見てください。

真ん中の「東一局」表記はこの盤面が「東が強い1ターン目」であることを示しています。最初の文字が「東」である限り常に風牌の東が強化されます(詳細は次の章で)。ちなみに、この記事の指示通り四人東を選んでいればこの文字が東から変わることはありません、最初のうちは東は他の方角よりちょっと強いと簡単に覚えて大丈夫です。

ゲーム開始時にプレイヤー達には四つの方角から一つが割り振られます。ターン毎にこの方角は変わっていき、四つの方角でプレイし終えたらゲームセットです。頭の良いトイプーはきっと(4ターンって言えば良いのにワン…?)と考える事でしょう。しかし麻雀は貴犬が思うほど素直なゲームではないのです。

何故か。

「東」が割り振られたプレイヤーは親と呼ばれます。点数にボーナスが付き、更には点数を取っている限りは親をやり続けることが出来ます。方角が変わらないのでその間ターンは進みません。「その他の方角」に割り振られた人は子と呼ばれ、子が点数を取るとターンを進めることができます。

つまり、親のプレイヤーが何度か得点すると4ターンでは終わらなくなるのです。

頭の良いトイプーはきっと(親が得点し続けたらそれだけでゲームが終わるワン…?)と考える事でしょう。その通りです。麻雀は「自身に親が回ってくるまでは得点を続けターンを進め」、「親になったら得点を続けターンを止める」だけで勝ててしまいます。真理に気が付けた貴犬はもはやカモではなく、イヌ。さぁ、肝心の得点方法を学びましょう。

 

・自分ターンやること

 …と、その前にターンが回ってくるたびにやらなければいけないことをお伝えします。

自分のターンが回ってくる度、四人共有の山札から牌を1つ、強制的にドローすることになります。このドローする行為をツモると言います。自分のターンにやらなければならないのは「ツモった牌を自分の手牌の1つと入れ替える」か、「入れ替えずにツモした牌をそのまま捨てる」のどちらかです。これから紹介する役の形に近づけるためにツモ牌を入れ替えたり入れ替えなかったりしましょう。牌を捨てることは切ると表現します。

ちなみに、他人のターンに出来ることは主に3つあります。ただしこれについてはそれぞれの行動と関連性の高い役を一緒に説明するので、とりあえず次の章を読みましょう。

さぁ、肝心の得点方法を学びましょう(デジャヴ)

 

 

2.よく使う役を覚えよう!

・基本的な形

 

さて得点のために必要なのが「役」の習得です。

初心者トイプーのためにそもそもの基本から。手牌の数は13つ、そこに牌1つ を加えた14牌で”綺麗な形”を作るのがほぼ全ての役のルールです。最後の”牌1つ”は自分でツモる以外に他人の捨てた牌も使えるし何ならどれで点数も変わってくる…のですがトイプーにはちょっと難しいので、まずは33332を目指して入れ替えて「ツモ」や「ロン」が表示されたら脳死で押せば大丈夫です。

文章ではトイプーが混乱してしまうのでイラストを多用していきます。

f:id:hitoligokko:20200526204308p:plain

この3+3+3+3+2が役の基本です。一部例外もありますが最初は気にしなくて大丈夫。暇なオタクや勤勉なトイプーは右下も読んでおきましょう。

つまり、いくら並びが綺麗だとしても

f:id:hitoligokko:20200526205142p:plain

1~7が二種類で14牌!綺麗!

綺麗!…だからどうした?これでは得点になりません。

雀魂において役は50種類近く存在しています。トイプーの頭では全てを覚えられませんよね?役の中には当然”1戦すれば2~3回は見るようなコモン”もあれば”1年プレイし続けても見る事のないだろうウルトラレア”もあります。初心者トイプーがウルトラレアを覚えたところで得点出来る頃にはもう中級者のケルベロスプードルになっている事でしょう。「よく見る役」という事は「完成しやすい役」ということです、初心者だからこそ基本的な技から学びましょう。

 

☆おやつタイム☆

(休憩の時間です。お手元のフードを少しつまみましょう)

 

・リーチ

「リーチ」はあと1つの牌で33332が完成する状態(33322or33331)にさえなっていればどんな滅茶苦茶な手牌でも”役があった事にできる”最強の汎用技です。ちなみにこの「あと1つ」の状態をテンパイを呼びます。

例えば

f:id:hitoligokko:20200526210445p:plain

1500点くらい貰えます

上の画像の手牌では特に何も役が付かないため、本来であれば②を引いたり他人が②を捨てたりしてもアガる(得点する)ことは出来ません。そこでリーチ。リーチを使える場面になると牌を捨てるリーチボタンが出現します、初プレイトイプーならとりあえず押してみましょう。

リーチは「どんなに汚くても形式さえ整えばアガれる」「アガれれば点数が増える」なんかのメリットがありますが「操作不可能になる」「アガリ直前であることが周知される」「1000点払う」といったデメリットも存在しています。が、初心者部屋ではこんなデメリット無いも同然なので恐れずにリーチをかけましょう。

 

・役牌

f:id:hitoligokko:20200526211657p:plain

1500点くらい貰えます。

役牌は自分の席と同じ風牌or三元牌を3つ揃えるだけで残りはなんでも良くなる魔法の役。

一切触れていませんでしたが麻雀には「鳴き」というものがあります。同じの3つでグループの完成ですが、その一歩手前状態である「同じの2つ」が手牌にある状態でその牌を他人が捨てると「ポン」を発動できます。自分と捨てた人の間にいるプレイヤーの番を全て飛ばし、自分のドロー権を放棄することで、その牌を自分のものに出来るわけです。メリットは「アガるのが速くなる(ことが多い)」こと。デメリットは「ポンしたグループには触れられなくなる」「他人に鳴いたグループ晒した状態でゲームを進行する」「リーチが出来なくなる」こと。数自体は多いですが、初心者トイプーのうちはあまり気にならないデメリットばかりです。

初心者トイプーは自分の席と同じ風牌or三元牌でポンが出来る状態になったら脳死ポンして大丈夫です。鳴かない方が良い盤面を学ぶのは銀の間に入れるようになってからでも早いくらいです。

役牌さえポン出来ればあとの4グループは適当な塊でアガれます。クッソ雑な†役牌のみアガり†で他トイプーと速さで差をつけましょう。

 

 ・タンヤオ

 

f:id:hitoligokko:20200526213242p:plain

1500点くらい貰えます。

1と9と字牌以外で33332を作ればタンヤオ。元々19は繋がりにくくて使いづらいので気軽に作れます。牌の種類が重なりすぎると何を引けばアガれるか分かりにくくなりますがネット麻雀では関係ありません。

さて、ちょっとしか触れていませんでしたが麻雀には「鳴き」というものがあります。連番3つでグループの完成ですが、その一歩手前状態である「連番2つor中抜けの連番」が手牌にある状態でその牌を左側の人が捨てると「チー」を発動できます。正面と右側の人からチーは出来ません。

③④と持っていれば②と⑤にチーが可能で、③⑤と持っていれば④にチーが宣言できるわけです。ポン同様鳴いた後は「グループを晒し続ける」「もう弄れない」「リーチが出来ない」等のデメリットがありますが、このタンヤオにおいては1と9を含まないチーを連呼すれば比較的簡単に完成させることができます。鳴けそうな風牌がなければタンヤオくらいの認識でも良いです。

 

 

 

ホンイツ

f:id:hitoligokko:20200526222137p:plain

中は役牌なので計8000点。

マンズ・ソーズ・ピンズのどれか一種類+字牌のみで構成された役がホンイツ。見た目が綺麗。上の画像の場合3つの中が役牌として判定されるので点数が更に上がります。

ポンやチーで鳴くと点数がちょっと下がるルールがありますが、下がっても尚タンヤオや役牌よりも高いので狙えそうなら鳴いてでも狙ってみましょう。

一切触れていませんでしたが麻雀には「フリテン」というシステムが存在しています。自分が捨てた牌は「河」と呼ばれる場所に順番に置かれていくのですが、この河の中にアガれる牌が一つでも含まれている場合、他人の牌でアガる「ロン」が使用不可能になってしまいます。ホンイツはアガれる牌がたくさん存在している事が多いですが、それ故にフリテンの発生しやすい役です。例えば(マンズでホンイツを作れそうだワン!)と思ってその通りにマンズを集めるのであれば、出来る限りマンズを捨てないようにしましょう。

字牌が少なければ少ないほどグループ構成が複雑になってアガれる牌がよく分からなくなってしまうのが難点ですが、ネット麻雀なら関係ありません。

 

☆おやつタイム☆

(休憩の時間です。お手元のフードを少しつまみましょう)

 

3.効率的に手を進めよう!

…ぶっちゃけ役はこれくらいで大丈夫です。たくさんの役を複合させて5桁の得点を狙い地道に牌を集めても誰かがよくわからんリーチでよくわからんアガリをすればリセットされてしまいます。初心者トイプー同士の対戦においては「速さ」が正義です。

つまりさっさと手牌をまとめるのが大切で、素早くまとめるためには明確な”ビジョン”を持つことが大切です。

※この章は1・2章までと比べると少し難しい内容になるので、トイプーは1~2戦くらい遊んでみてから読むのもおすすめです。

 

・配牌時点で未来を視よう

貴犬が怜であれば言葉通りに実行してくれれば大丈夫です。ここから先は未来視の出来ないトイプー向け解説をしていきます。

場の説明をした際に使った画像の配牌で考えていきましょう。

f:id:hitoligokko:20200526224244p:plain

ゲーム開始と同時に牌が13枚配られますね。その際に牌とにらめっこしながらアガるとすれば何の役を使ってアガるかを考えてみましょう。まだトイプーの選択肢にはリーチ・役牌・タンヤオホンイツしかありませんが、最初に考えるのはそれだけで十分です。この場合、役牌どころか字牌が1つも無いので役牌は除外。数字の牌もバランスよく散ってしまっているのでホンイツも無理。9の牌が2つありますが、字牌は1つも無く残りの数字も真ん中に寄っているので今回はタンヤオを目指すことにしましょう。タンヤオであれば、リーチを使うかどうかはテンパイしてから考えれば大丈夫。初手で切る牌は必然的にマンズの9かソーズの9になります。タンヤオを目指すのであればどちらも不要なことに違いはないのでどちらから捨てても関係ありません。

 

・牌譜で未来視練習

牌譜(バトルログ機能です)を見るのであれば、ついでに他の人の配牌も眺めてみましょう。

f:id:hitoligokko:20200526225356p:plain

これは右の人の配牌。貴犬だったらどうするか考えてみましょう。

2枚ずつある東と中が目を引きますね。これをどちらもポンしてアガればそれだけで役牌が2つ分付く速さと火力のハイブリッド。字牌以外もテンパイ時に残していると強いマンズの56に雑にポン出来るソーズの1、とかなり速くアガれそうなつよつよ配牌です。

さて、となるとこれは何を初手で切るべきでしょうか?候補は一・⑥・西の3つでしょう。

実は初心者トイプーの取るべき行動は決まっています、一を切りましょう。

以下早口。

⑥は残しておくと⑤⑦のどちらかを引ければチーで更に加速したり、優秀なアガリ牌待ちグループに出来ます。⑤⑥であれば④か⑦でアガリ、⑥⑦であれば⑤⑧でアガリです。一を残して運良く二を引けても一二ではアガれる牌が三だけ。単純計算で確率は半分です。西は同じ西を引けなければお荷物ですが引けさえすればポン対応の役牌になるので速さに磨きがかかります。都合よく西を引ける確率は低いですが、一を残した場合は「二を引いてから三を引く」必要が出てきますし、苦労して揃えた一二三に点数は付きません。そして西を揃えて点数が付くのは西に座っている自分だけなので2枚さえ確保できれば東よりもポンがしやすいんだワン!(唐突に思い出した設定)

あ、迷ったら一⑥西のどれでもいいです。

 

f:id:hitoligokko:20200526231140p:plain

これは親でもある左の人の配牌。

これも早速考えてみましょう。

八九や79に加えて東南発の3種字牌を抱えているのでタンヤオは少し手間取りそうです。字牌が3種あるといっても各1つずつなのでこの時点では役牌も難しそうです。色がバラバラなのでホンイツも論外。繋がりもイマイチだからリーチ前提で攻めるのも微妙…と、四方塞がりになってしまった場合はとりあえず様子見をしましょう。

四人東部屋はその名のとおり四人でプレイしています。ターン内でアガれるのは一人だけなのですから、単純計算で貴犬がアガれない確率は常に75%ほど。微妙な手牌になってしまうのは仕方のないことです。むしろ初手でそれが判断できた事が微妙配牌のアドバンテージです。

この場合のトイプーは(微妙だワン…思考停止でいらんのを捨てるワン…)で南を捨てれば十分です。七を引ければ五六七八九のつよめ連番からリーチで攻めていけたり、東か発のどちらかを引ければ鳴いて役牌を狙えるので普段以上に手牌に注意しながらぽちぽちと打っていきましょう。

 

f:id:hitoligokko:20200526232311p:plain

正面の人の配牌。

攻撃も防御も対応出来る優秀な初手です。ただ、初心者トイプー同士のバトルでは防御を意識するより†ガンガン速攻†した方が有効なので防御は考えなくても良いです。もし仮に二人がリーチをしたら、例えテンパイしていても西を切って3ターン凌ぎましょう。その間に誰かしら振り込んで終わります。

ちなみに、4枚目の西を引いたとしても「カン」はあまりオススメ出来ません。カンは3枚持っている牌を誰かが捨てた時orポンした牌の4つ目を自分で引いた時に使えるちょっとレアな鳴きです。そのターン限定で全員の火力が上がると覚えておけば十分。貴犬がその恩恵を受けられる確率は25%なのですから順位を追い上げたい時以外は封印しておくのが安全です。画像の場合は最初のターンなので尚更。

話が何度も逸れましたが、最初に切るのは南でほぼ確。この配牌で難しいのはその次の番で捨てる牌なのですが、何を引いたかによるので何も考えずに南を連打しましょう。

 

☆おやつタイム☆

(休憩の時間です。お手元のフードを少しつまみましょう)

 

・やらないほうがいいこと

とっととアガるためには出来る限り効率的なプレイングをしなくてはいけません。引き続き先ほどの牌譜を例にやらないほうがいいことを3つ紹介します。やらないほうが~と言っていますが、基本的にやってはいけません。

紹介するにあたって参考になるのが8ターン目の正面トイプーの惨状です。この直前では⑨を引いて4を捨てています。

f:id:hitoligokko:20200526234739p:plain

この画像を見て(あちゃーワン…)と思えた貴犬はそろそろ色々な役を覚えても大丈夫な頃合いです。

一番わかりやすいNGポイントが西カン。これを鳴いたせいでもう何をしてもアガれないような状況になってしまっています。自分がアガれなくなる鳴きはやめましょう、具体的には19を含むチーや変な方角牌のポン・カンが要注意行動です。

次に注意したいのがアガれる牌の減る打ち方。正面トイプーの場合に限っては実は完全な間違いではないのですが、一旦西カンのことは忘れてシンプルに考えてください。西を鳴いていなければ1ターン前の手牌はリーチでアガれるテンパイ状態。

文字起こしすると「一二三四五六⑨⑨45西西西」

この状態で⑨を引いたトイプーは4を切って⑨を刻子にしました。

文字起こしすると「一二三四五六⑨⑨⑨5西西西」

リーチをかければアガれる牌をビフォーアフターで比べてみると3or6だったアガリ牌が5のみになってしまっています。ビギナーバトルでは基本的にこのガリ牌の数と種類が多くなるようにプレイしましょう。ただし既に場に出ている牌の数・種類に注意を。

最後に、初心者トイプーに大切なのは他人の河はまともに見ないこと。熟練者は河から様々な情報を読み取ります。トイプーにはまだ無理です。手牌を捌くのに必死な頭に無茶をさせるのはやめましょう。そもそも貴犬の座る卓にはトイプーしかいないのですから、河なんてあってないようなもんです、下手にどっかで学んだ技術を活用しようとすると不可解なアガリに破壊されてしまいますよ。流石にリーチがかかったらチラ見しましょう。

 

ついでに。

ビギナー・トイプー・バトルの牌譜を見る際はプレイングを参考にしないように。もちろんビギナー・バトル・ルームにも経験者や強いトイプーが紛れていることがありますが、初心者トイプーである貴犬自身に”たまたまプレイングが噛み合った初心者”との区別が付きますか?

自分より上手い人のプレイングが見たければ自分の牌譜ではなく観戦機能を使って金の間を見ましょう。基本的な役を抑え、しっかり目標を見据えてプレイする貴犬は、既に銅の間において十分”上手い方”になっている筈です。

 

4.まとめ

いかがでしたか?はやく雀魂をインストールしろ。

麻雀は運要素の強いゲームです。だからこそ、たまに訪れる機会を逃さないために基本的な技術を抑えておきましょう。

最後のほうこそブレているものの、この記事は”本当の初心者”向けです。何局か打ってみてなんとなくゲームが掴めてきたら、Webサイトや本などでまともな人の解説に触れてみてください。もしくは役や点数の知識を仕入れて自分なりの論理を創り出してみましょう。

ちなみに、何をするにも銅の間はさっさと抜けた方がいいです。そこで行われているゲームは麻雀ではなくトイプー・バトルなので。

 

本当はこの後もその他の役や守り寄りのプレイングなんかを紹介するつもりだったのですが、3章の時点で既に初心者はついていけなさそうだし初心者以外にはそもそも需要がないしで発狂してしまったので終わります。例のごとく中級編はありません。

 

あ、僕はトイプーです。